コーヒー 歯

実際にコーヒー、ワインの汚れを落としてみました・・・

 ※ヤニ、コーヒーやワインの黄ばみを実際に落とした体験談も掲載しています。

 

 

芸能人の真っ白な歯を見て“白い歯っていいなぁ・・・”

               と思ったことないですか?

 

 

 

 

 

わたしは過去にタバコを吸ってたことや、コーヒー好きで毎日欠かさず飲んでいたこともあり、歯が黄色く変色していました。

 

仕事柄人と会うことも多く、“自分の歯が黄色く汚い”ことに劣等感を感じていたんです。

 

しかし、イメージが悪いことを放っておくわけにはいかない、となんとかすることにしました。

 

ここからは、
わたしが実際にやってみた“歯を白くする”方法と、その結果
を紹介したいと思います。

 

そもそも歯はなぜ黄色くなるのか?

歯が黄色く黄ばむ原因は、いくつか考えられます。

 

歯に付着する汚れが原因である場合

 

「ステイン」という言葉を聞いたことがあると思います。

 

最近では、テレビの健康番組なんかでも取り上げられるようになりましたよね。

 

コーヒーや紅茶に含まれるカフェイン、赤ワインやチョコレートの成分であるポリフェノールや、お茶やそばに含まれるカテキンによって、作られる着色物質が「ステイン」の正体です。

 

それ以外にも、カレー、キムチなど色のついた食べ物やネギやニンニクに含まれるイオウ成分、たばこのヤニなども歯の黄ばみ成分となります。

この着色物質が付着し、歯が黄色く着色するんです。

 

 

しかし、この「ステイン」は歯をこまめに磨けば落ちるようなんですが、

†飲み物や食べ物を口に入れるたびに歯を磨く?
†磨き残しは絶対ないようにできるか?

この点をクリアするのはなかなか難しいものです。

 

「ステイン」は着色汚れですが、ステインや歯垢による汚れが唾液中の糖たんぱく質による被膜のぺクリル層と結びつき、黄ばみになっていきます。ぺクリル層は、再石灰化を防ぐ役割もしますが、細菌やステインを付着させるという働きも担ってしまいます。

 

これが、歯磨きをすると容易に落ちるが、1時間もするとまたステインが付着しやすい状態になる仕組みです。そして、さらに歯石がつきだすと、黄ばみが付着しやすくなることに。

 

つまり、
1日1回しか磨かない、磨き残しがある、・・・
   その積み重ねが「なかなか落ちないステイン」

となり、歯の黄ばみになってしまいます。

 

特に着色汚れがつきやすいコーヒーやお茶などを飲んでる習慣がある人はその傾向が顕著に出易いということらしいです。

 

 

歯そのものが黄色く変色していく場合

歯は、一番外側のエナメル質、内側の象牙質、そして一番内側の歯髄(神経)の3層構造からできています。

 

この歯の各層が様々な原因によって黄色や茶色に変色することがあります。

 

 

原 因

黄色く変色する仕組み

虫 歯

虫歯になると、虫歯に浸食されたエナメル質が黄色味を帯びてしまいます。さらに象牙質や歯髄にまでおよぶと、だんだん黄色みが強くなり茶色や黒色っぽくなることもあります。

加 齢

年齢が進むとエナメル質の厚みが減り薄くなっていきます。また、象牙質の色の黄色味が濃くなっていくため、エナメル質が透けて見えるようになり、黄ばんでいるように見えます。

歯の神経が死ぬ

外傷などが原因で歯の神経が死んでしまうと、出血が伴うような場合には赤血球のヘモグロビンが歯髄の中で黒ずみのように着色してしまいます。この黒ずみが薄く透けて黄色味を帯びた歯のように見えます。

僕の場合は、虫歯もありませんし、まだまだ加齢っていう年齢でもありません。

 

原因としては、以前吸ってたたばこや頻繁に飲むコーヒーによるステインが一番の原因だと考えられます。

 

ですから、ステインの汚れに対しての対策を探すことにしました。

 

 

 

 

 

では、どうやって歯を白くするのか・・・

歯を白くする方法には、以下のようなものがありました。

 

@歯医者によるホワイトニング

 

種 類

内 容

オフィスホワイトニング

全部トータルで約2〜10万円。
複数回行う場合は、歯1本につき約5,000円〜1万円。

ホームホワイトニング

全部トータルで約2〜5万円。(マウスピース製作費含む)
自分でホワイトニング財を購入した場合は約5,000円〜1万円。

デュアルホワイトニング

全部トータルで約5〜10万円。
(マウスピース製作費含む)

  ※上記は上下の前歯12本に対してホワイトニングの目安。

 

歯医者によるホワイトニングはコストがバカになりませんし、歯医者に通う時間を作る必要があります。
また、定期的にメンテナンスも必要になります。

A歯のマニュキュア

 


薬剤で歯そのものを白くするのではなく、白い塗料を歯に塗ってコーティングします。即効性がありますが、効果は1日程度と短く、仕上がりにムラができる、食事で取れるなどの難点もあります。
費用は、1,500円〜5,000円程度です。

 

B歯の消しゴム

 


歯の表面の着色汚れを歯の専用消しゴムと研磨剤を含むペーストを使って汚れを落とします。大きさが小さく携帯性が良いのですが、研磨性が強いので歯にキズが付きすぎないよう注意が必要です。
費用は、400円〜2,000円程度です。

 

Cホワイトニングペン

 

薬剤を直接歯に塗って白くします。1か月程度毎日続ける3か月間くらい白さが保てます。
費用は、1,000円〜3,000円です。

 

 

 

 

 

Dホワイトニングテープ

 

漂泊成分が入ったテープを乾いた歯に貼、30分放置後ゆすぐという簡単な方法です。ただし、神経のない歯、差し歯には使えず、使用によって知覚過敏になることもあります。海外製なので、成分が自分に合うかどうかはしっかり確認しましょう。十分な白さになれば2ヶ月に1回くらいの使用で維持していけるようになります。
費用は、500円〜5,000円程度です。

 

Eホワイトニング歯磨き

 

では、市販のホワイトニング歯磨き粉ってことなんですが、やはり一般向けに販売されているものについては、がっつりついたステインはなかなか容易に落とせないことが実情です。

 

ご存知、みなさんが毎日行っているであろう歯磨き粉にホワイトニング成分が入って効果として謳われているものです。ただ、一般向けに販売されCMなどでよく見かけるホワイトニング歯磨きは、なかなか目に見えた効果があるものは見当たりにくいのが実情。

 

ただし、ヤニ、茶渋、コーヒーなどのステインを効果的に落とす成分を配合したホワイトニング歯磨き粉もあるので、配合を確認して探せば、日常の歯磨きの中で効果を得られるものもあります。

 

ホワイトニングをしたいからと言って、安易に飛びつくと成分が怖い場合も考えられますし、コストが高いと継続する自信がありません。

 

ホワイトニング方法のいずれが自分に向いているのかを比較してみました。

最適は?

ホームホワイトニング

歯みがき粉

マニキュア

消しゴム

ホワイトニングペン

ホワイトニングテープ

使いやすさ

マウスピースを作り、2週間程度繰り返す 日々の間磨き粉を変えるだけ 半日〜1日は食事に制限 磨く時間が必要 慣れが必要 慣れが必要

安全性

 

医師の指示に従う

 

研磨剤が強くないものを選ぶこと   研磨性が強い 海外製は知覚過敏になりやすい 知覚過敏になりやすい

効果

   

 

食事などで取れやすい

 

    日本製は効果が薄い

コスト

 

1〜3万
    /月

 

5千〜1万
     /月

2千円前後 千円前後 2千円前後

5千〜1万
     /月

評価

 

 

 

 

         

 

ホワイトニング歯磨きを選ぶなら・・・

ホワイトニングの効果で選ぶお勧めは?

 

ホワイトニング効果のポイントはやはり配合されている成分でしょう。
特にたばこのヤニやステインを除去する効果が高いのは、以下の成分です。

成 分

除去方法

効 果

ポリエチレングリコール タバコのヤニの溶解 タバコ・ヤニ除去
ポリリン酸ナトリウム

歯石形成の抑制
タバコのヤニ 歯石沈着防止

タバコ・ヤニ除去

(転載;ライオン株式会社)

 

歯みがき粉のCMなどで「ハイドロキシアパタイト」や「フッ素」の名前も聞きますが、フッ素は虫歯予防の効果、ハイドロキシアパタイトはホワイトニング効果は認められていますが、国に認められている成分ではないとのことなので、入っていれば望ましい、程度と考えます。

 

それよりも歯磨き粉で注意が必要なのは、研磨剤の有無です。

 

研磨剤は歯の表面を傷つけてエナメル質を薄くしたり、できた傷にかえって汚れが付着しやすくなる場合もあるので要注意です。
ですから、研磨剤ではなく、汚れを浮かして落とす清掃剤や歯を傷つけない微粒子を使用しているものが安心です。

 

これらに気を付けて人気の高いホワイトニング歯磨きを比較してみました。

ホワイトニング歯磨き

パールホワイトProEX

 

 

リュミエールブランネージュ

 

 

コンクールクリーニングジェル PMTC

 

トゥースメディカルホワイトEX

 

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニング

研磨剤

研磨剤不使用
ポリリン酸Na、リンゴ酸など3つの酸で汚れを剥がし、歯を傷つけない

研磨剤不使用
天然由来のアルカリ性で自然に汚れを浮かす

微粒子の研磨成分サンゴパウダー

研磨剤不使用
特許成分ウルトラメタリン酸EX配合でホワイトニングと汚れの再付着を防ぐ

研磨剤不使用
歯に付着した汚れはビタミンCとリンゴ酸で落とします。

ケア方法

 

歯を磨くだけ

 

 

歯を磨くだけ 歯を磨くだけ 歯を磨くだけ 歯を磨くだけ

コスト

 

初回3,240円

 

 

初回5,400円 2,630円 初回3,560円 3,980円

他の効果

虫歯予防効果
歯茎を健にする効果

 

歯周病予防   黄ばみ予防 歯茎の腫れや歯肉炎予防

 

 

特に、
薬用パールホワイトProEXはモデルやタレントでの使用者も多いんですよ
紗栄子さんやほしのあきさんなどなど、愛用している人が多いようですね。

ブログなどで紹介されている時期を見ると、2011年ころから愛用している人が多くて、長く使っているってことは、それだけ効果と安全ですってことの証明にもなるんで、わたしも安心して薬用パールホワイトProEXを使おうと思いました。

 

ついでといってはなんですが、わたしがホワイトニングを調べていると、
うちの嫁が、「紗栄子や渡辺美奈代も使ってるんだって!?」ってガゼンやる気が湧いてきたようで

 

 

夫婦二人そろってホワイトニングにチャレンジ!

することになりました。

というわけで、薬用パールホワイトを注文してみました。

結婚して5周年。

 

普段、子育てで頑張ってる嫁がその気になっているようですし、家計を預かる嫁が一緒にホワイトニングすることは、自分にとってはウェルカム。

 

二人でチャレンジすることにしました。

 

僕の目標

数年前にやめたタバコのヤニを無くしたい!

お茶やコーヒー、紅茶による歯の黄ばみを無くしたい!

白いワイシャツを着ても黄色い歯を目立たなくしたい!

できれば最近気になる口臭も無くなるとうれしい!

 

嫁の目標

憧れの白い歯になりたい!

 

最近ホワイトニングをしてうらやましいと思っていた友人の仲間入りをする!

 

 

 

 

薬用パールホワイトProEXは、歯ブラシにつけて磨くだけ

 

まずは、「薬用パールホワイトProEX」の1本セットと、「薬用パールホワイトプロシャイン」のセット注文。

 

満足保証がついていて、45日間使ってダメだったら返金できるってのも大きかったです。

 

 

 

 

 

 

中身は広げると説明書と、商品が入ってますね。

 

使用方法としては、「薬用パールホワイトプロシャイン」で普通に歯を磨く。

 

その後、パールホワイトを歯ブラシにつけて、1本1本丁寧に磨いていく。
というステップです。

 

この2つをセットで使って、時間は5分ぐらい。

 

これを毎日2回の歯磨きの中で1回利用することを繰り返していきます。

 

 

 

磨いている感じは、至って普通の歯磨き粉って感じです。

 

磨いている感が感じられなくて、ちょっと不安だったりもします。

 

 

1回目

上が磨く前で、下が磨いた後です。
左が夫の僕で、右側が嫁さんですね。

 

 

結構驚きなんですが、1回目でかなりキレイになります。
左前歯の右側とか、左側の八重歯のところとか、
昔のタバコのヤニだと思うんですが、それがたった1回でかなりキレイにとれてます。
洗い上がりはさっぱり感があって、後味もスッキリです。

 

 

すげぇ・・・たった1回でこれだけ白くなるんだ・・・。汗

 

 

以下、薬用パールホワイトを1回だけ磨いてみた感想を収録した動画です!

コーヒーで歯が黄色く着色(ステイン) 自宅ケア2週間の改善報告

 

 

 

2週間後

毎日薬用パールホワイトProEXで磨いてみた変化を写真にするとこんな感じです。

 

 

 

2週間の間、毎日2人で使ったんですが、薬用パールホワイトProEXはまだ半分くらいしか減っていません。

 

 

 

2週間薬用パールホワイトProEXを使ってみた感想

実際に効果あり!

ヤニは2回程度で無くなった。

 

1日1回だけの利用でも2週間で完璧な効果。

 

2人で利用しても十分な使用量。

 

口臭が減った(子供に臭くないと言われるようになった!)

 

艶がある白い歯になって健康的に見える!

 

そのうえ、歯茎もピンク色に引き締まった!

 

 

 

薬用パールホワイトを使い続けた嫁の感想動画です!

 

薬用パールホワイトを使ってまだ2週間で、まだ半分も残っています。

 

でも、これ以上磨いても同じなので、この半分はメンテナス用としてとっておきます。

 

 

 

薬用パールホワイトProEXは、
長年の悩みであった歯の黄ばみが、2週間で超改善されるという、期待以上の効果を感じることができました。

 

 

 

歯医者に行ってホワイトニングをやったら一体いくら取られたんだろう?

 

無くなったら追加注文は、僕たち夫婦の間では、もはや必須です。

 

超お得な、歯を簡単に白くするホワイトニング方法、やらないともったいないです!

 

 

2週間、薬用パールホワイトを使い続けた総括を収録した動画です!

 

白い歯っていいね!

 

 

<超!お得に白い歯を手に入れたいなら・・・>