歯黄ばみ予防

唾液をしっかり出して黄ばみを防ぐ

食べ物を分解したり、口の中の殺菌を行うのは、唾液の役割です。

 

そしてこの唾液には、歯の色素沈着を防ぐ働きもあります。

 

歯の表面が唾液で濡れていれば、コーヒーなど色素沈着を起しやすいものによる着色も抑えられるのです。

 

ですから、唾液の分泌が増えれば、歯の着色も防げるということですよね。

 

唾液の分泌を増やすには、タンニンや色素がたくさん含まれるコーヒーを飲んだ後に、噛みごたえるのある食品をできるだけ食べるようにするという方法があります。

 

ですからコーヒーを飲もうと思ったら、コーヒーだけを飲むのではなく、硬めのクッキーを一緒に食べるようにすればいいのです。

 

クッキーをかむことで唾液が分泌され、コーヒーのタンニンや色素の着色を防いでくれます。

 

コーヒーを飲むことを1日1杯でも習慣にしているなら、毎日歯を磨いても、色素による着色は起こります。

 

強くてしつこいコーヒーの色素やタンニンは、それくらいでは落ちないということです。

 

知らず知らずで歯が黄ばみ、気づいた時には、私の歯はこんなに黄色かった?って驚くほどになってしまっているのです。

 

毎日歯磨きをしていも、コーヒーを飲み続ければ、避けては通れないのです。

 

だったら、どうすればいいのか。

 

まずは、歯科医院でホワイトニングが、一番に思いつきます。

 

確かにホワイトニングは効果も高いため、ベストの方法でしょう。

 

でも、効果が高ければ費用も高くなります。

 

唾液には口内の細菌繁殖を抑える効果もあります。

 

口の中を清潔に保ち、虫歯のリスク軽減にもつながるので、唾液をしっかり出す、という方法も考えて見てもいいかもしれません。

歯のホワイトニングは、見た目をよくする「審美歯科」の分野で、虫歯の「治療」分野ではありません。

 

ですから、健康保険が適用されません。

 

治療であれば、3割負担で済みますが、保険が適用されませんから全額負担が必要になります。

 

歯のホワイトニングの料金は、1本2000円から1万円までが相場です。

 

これは自由診療になって、歯科医が独自で料金設定をしているためです。

 

なので、歯科医次第で10本の歯のホワイトニングで、大体どれくらいの費用がかかるのかはイメージできると思います。

 

でも、黄ばみの程度や本数によっては、通院にもかなりの回数が必要になり、忙しい人だと通うのも難しいかもしれませんね。

 

なので、歯科医院で行うホワイトニングには、効果が高いというメリットがありますが、費用や時間がかかりそう、というデメリットもあります。

 

これらをしっかりと考慮して、実施の有無を決める必要があります。

 

コーヒーの色素やタンニンによる着色を防ぐためには、コーヒーを飲んだ後に水でゆすぐだけでも効果を出すことができます。

 

歯磨きをすれば、かなり高い効果が期待できます。

 

でも、コーヒーの色素やタンニンはかなり強力ですから、普通の歯磨き粉では落ちません。

 

ですから、毎日歯磨きをしっかりしていても、いつの間にか歯が黄ばむのは仕方のないことでもあるんです。

 

そこでお勧めするのが「薬用パールホワイト」という、歯に付いたしつこい汚れを浮かせて落とすという画期的な歯磨き粉。

 

歯医者で高いお金をかけたり、面倒な手間をかけるくらいなら、自分でできるホワイトニングの方がいいでしょう。

 

コーヒーによる歯の黄ばみが気になる人は、ぜひとも試してみてください。

 

 

 

<超!お得に白い歯を手に入れたいなら・・・>


関連ページ

歯の着色予防にストローを使おう
歯の着色予防にストローを使おう