コーヒー 歯

歯の黄ばみの原因は?

鏡に映った自分の歯を見て、黄色いなぁと感じた事はありませんか?

 

「ちゃんと毎日歯磨きしてるのに、どうしてだろう?」と疑問を感じる方も多いと思います。

 

その原因は様々です。

食べ物や飲み物による着色
タバコのヤ二
歯石の付着
加齢による変化
虫歯
治療後の詰め物の変色
神経がなくなった
歯磨きのし過ぎ

口の乾燥
薬品や遺伝病などによる着色

 

特に歯の黄ばみの大きな原因となるのがステイン(歯の表面の汚れや着色)です。

 

歯の表面にはエナメル質があり、常に唾液の膜であるペリクルに覆われています。
食べ物や飲み物を口にすると、ステインの原因になる成分がペリクルに付着し、反応し合って色素沈着します。
歯のエナメル質のカルシウムイオン(+)とステインに含まれるイオン(−)がイオン結合し、なかなか取れません。

 

食後の歯磨きで取り除く事が出来ますが、時間が経ってからの歯磨きや磨き残しによって小さな汚れが溜まり、蓄積してステインになります。

 

食べ物や飲み物による着色は、食生活を見直す事で防げます。
歯の黄ばみを作りやすい食べ物や飲み物をご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

カレー、ビーフシチュー、キムチ、チャンジャ

色が濃い食べ物はすぐ歯に付着するので、歯の黄ばみの天敵です。
これらに含まれている合成着色料がステインの原因になります。

 

カレーに使われるターメリックは黄色い香辛料で、着色力が強いです。

 

ソース、しょうゆ、バルサミコ酢、ケチャップなど色が濃い調味料も同様です。
また、これらの調味料に含まれている保存料もエナメル質を傷つけ、黄ばみの原因になります。

 

ぶどう、いちご、ブルーベリー、クランベリー、さくらんぼ、ザクロ

これらのベリー系の果物に含まれているアントシアニンがステインの原因になります。
形状や食感からも歯にこびりつきやすい事が分かりますね。
そのままはもちろん、ジャムやジュースで摂取する時も要注意です。

 

 

 

 

 

りんご、バナナ、柿

これらに含まれているタンニンが歯の隙間に溜まり、ステインの原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

アメ、ガム、アイスキャンディー

人工着色料が多く使われています。
色付きのアメを舐めていると舌がその色に変わる事がありますが、同じ様に歯にも色素が付きます。
特に海外のアメは合成着色料が多く使われていてカラフルなので注意が必要です。

 

アメやガムは口の中に留まっている時間が長く、歯との接触も多いので色素が付きやすいです。

 

 

 

玉ねぎ、ねぎ、にんにく、ニラ

これらの匂いが強めの食べ物に含まれている硫黄がステインの原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

ポリフェノール

ワイン、チョコレート、コーヒー、紅茶、お茶、ココア、緑黄色野菜、そば、豆腐、納豆、豆乳などに含まれているポリフェノールがステインの原因になります。

 

ワインには酸やタンニンも含まれている為、エナメル質が削られて更に色素が付きやすい状態になります。
赤ワインより色が薄いですが、白ワインの方が酸性度が強いです。

 

チョコレートにはポリフェノールが多く含まれている上、溶けるまで口の中に留まっているので色素沈着しやすいです。

 

コーヒーの黒い色はクロロゲン酸という色素に由来するもので、このクロロゲン酸は色が残りやすい性質を持っています。

 

紅茶にはタンニンも豊富に含まれていて、人間の唾液に含まれているカルシウムや金属イオンと結びついてステインに変化します。
コーヒーより色は薄いですが、実は紅茶の方が黄ばみやすいのです。

 

お茶に含まれるカテキン、そばに含まれるルチン、大豆に製品に含まれるイソフラボンもポリフェノールの一種です。

 

ナッツ類

色素が豊富で、昔はインクの原料として使われていた事もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着色補助食品って?

これまで紹介して来た食べ物や飲み物は、摂取すると歯に着色する「着色性食品」です。

 

それとは別に単体では着色しませんが、着色性食品と一緒に摂取するとその着色を強める「着色補助食品」があります。

 

炭酸飲料、アルコール、スポーツドリンク、柑橘性食品・飲料、ほうれん草、青いバナナ、キャベツ、パイナップル、レモン、グレープフルーツ、酢、梅干しなどが当てはまります。

 

これらの着色補助食品は口内を酸性化させ、歯の表面のエナメル質を溶かして着色しやすくします。

 

ほうれん草は炒め物によく使いますし、アルコールは食事と一緒に嗜む事が多いですよね。

 

これでは確実に歯を黄ばませてしまいます。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

同時ではなく、着色性食品を食べ終わってから着色補助食品を食べるなど、分けて摂取すれば着色を防ぐ事が出来ます

 

もし同時に口にしてしまった場合は可能な限り歯を磨くか、時間がなければ水で口をゆすぐだけでも着色防止の効果があります。