コーヒー 歯

口臭の原因とは?

「朝起きて口を開けたらムワッと臭いが…」「顔を近づけて話しかけたら嫌な顔をされた…」など、「もしかして口が臭い!?」と気になってしまう瞬間が日常生活の中であると思います。

 

普段、身近にある自分の臭いにはなかなか気がつかないもの。
かと言って、デリケートな部分だけに親しい間柄でもなかなか指摘しづらいですよね。

 

もし自分で気がついたり、誰かに指摘されて口臭がある事が分かっても、その原因によって正しい対策法が違います。

 

間違った対策をしても口臭は消えず、せっかくの苦労が水の泡。

 

まずは原因をしっかり突き止め、正しい対策法を身につけましょう。


イヤ〜な口臭の原因はコレだ!

でも、その前にちょっと待って下さい。まず、口の臭いは誰にでも自然にあるものです。

 

口内は湿気があって湿度も高いので、食べカスなどが溜まると細菌がはびこり、臭いが発生します。

 

普段は唾液の抗菌作用で抑えられていますが、起床時や空腹時は唾液の分泌量が減り、口臭が強いと感じます。

 

口臭が気になって歯医者を訪れる人の50%は、他人には分からない、つまり気にする必要がない程度の口臭だそうです。

 

口臭に過敏になる必要はないですし、きちんとしたオーラルケアでほとんどの口臭は解消出来ます。

 

では、これを踏まえて原因別に対策を見てみましょう。

 

 

生理的口臭

自然な臭いとは違って、食べ物、タバコ、アルコールで発生する口臭です。

 

ニンニクやアルコールの臭いは牛乳で解消出来ますし、梅干しやレモンにも臭いを薄める効果があります。

 

歯磨きも大切です。

 

食べ物

 

ニンニク、ネギ、ニラ、らっきょうなどに注意が必要です。

特にニンニクは腸から吸収された成分が血液中に入り、体中を回って肺から息として吐き出されるので、ずっと臭いが残ります。

 

 

 

アルコール

 

自分では分かりづらいですが、強い臭いがあります。

 

 

 

 

 

 

 

タバコ

 

ヤニの臭いはもちろん、喫煙する事で乾燥を招きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

口内の乾燥

いわゆるドライマウスで、日常的に発生しやすい口臭です。

 

朝起きた時の口臭は乾燥による細菌の増殖が主な理由です。細菌を体の中に取り込まない様、口の中をゆすいでから水分を摂りましょう。

 

その他、乾燥する原因は主に5つです。

 

よく喋る

 

おしゃべりな人は口が開いている時間が長いので、必然的に口内が乾燥しやすくなります。
楽しい話はついつい長くなりがちですが、水分を摂って一息入れる事を心がけましょう。

 

 

 

緊張などのストレス

 

唾液は口の中を洗浄・殺菌し、細菌の増殖を抑える効果があります。

 

緊張したりストレスが溜まったりすると唾液の分泌が減り、細菌が増えて口臭が発生します。
また、乾燥によって唾液自体の水分も減り、唾液に含まれているたんぱく質や酵素が濃縮されます。

 

すると、唾液自体の臭いも強くなります。

お茶、コーヒー、ジュースを飲む

 

乾燥対策には水分の摂取が重要ですが、お茶やコーヒーなどカフェインが入っている飲み物は唾液の分泌を抑えてしまうので注意が必要です。

 

また、砂糖が入ったジュースなど甘い飲み物も危険です。甘いものは口内で酸化しますが、唾液の分泌が少ないと酸化が強くなり、口臭を発生させてしまいます。

 

ミルクティーにはカフェインと砂糖の両方が含まれているので要注意です。

 

口臭対策の水分はお水がベストです。

甘いものを食べる

 

ジュースやミルクティーと同様、甘いものが口内を酸化させ、口臭を発生させます。

 

 

口内の汚れ

原因は様々ですが、歯磨きや舌の掃除で綺麗にする事が出来ます。

 

口内を清潔に保つ為、食べカスの処理には気を遣いましょう。

 

舌苔

 

舌苔は死んだ細胞、新陳代謝ではがれた粘膜上皮の細胞、食べカスなどが舌の上に溜まったものです。

 

唾液が臭う場合、舌苔に口臭の原因物質が多く発生している可能性があります。

 

「口臭じゃなくて唾液の臭いだから大丈夫」と油断していると、本当に口臭だったというケースがあります。

 

舌苔に出来る揮発性硫黄化合物が唾液と混ざり合う事で、唾液が臭くなります。
この揮発性硫黄化合物こそが口臭の原因です。口内の嫌気性菌という細菌がたんぱく質やアミノ酸を分解し、揮発性硫黄化合物を作ります。

 

舌苔を使って作られる事が多いので、舌苔が多い人ほど口臭がキツイと言えます。
ただ、舌苔の量は時間帯や体調によって変化するので、口臭もその時々で変化します。

 

舌苔は舌の掃除で取れますが、やり過ぎには注意が必要です。舌苔を取り過ぎると余計に細菌が繁殖しやすくなる危険があります。

 

舌苔は誰にでもあるものなので、口臭がひどくない場合は気にする必要はありません。口臭がひどくて掃除したいという人は、1日1回程度、専用の舌ブラシで優しくお掃除しましょう。

虫歯

 

虫歯菌によって歯のエナメル質や象牙質に穴が開いた状態です。そこに食べカスが詰まると細菌が繁殖し、歯垢になって臭いを発生させます。

 

更に進行すると、歯髄の神経組織がダメージを受けて腐敗臭がします。

 

まずは虫歯を治療しましょう。日本人の70%は虫歯があると言われていて、口臭も虫歯が原因という人が多いです。

 

虫歯予防に大事なのはもちろん歯磨きですが、特に睡眠中は唾液の分泌量が減って細菌が繁殖しやすいので、就寝前の歯磨きは念入りにしましょう。

歯周病

 

歯と歯茎の間の歯周ポケットに歯垢が溜まると細菌によって炎症が起こり、歯肉炎になります。
すると細菌の増殖でガスが発生し、口臭の原因になります。

 

また、歯周病の原因となる細菌は舌苔の揮発性硫黄化合物を作ります。その為、歯周病が悪化するにつれて口臭もひどくなります。

 

初期の歯周病は痛みがないので、気かつかずに悪化するまで放置してしまう人も居ます。歯磨きなどをしてもなかなか口臭がなくならない場合は、歯周病を疑いましょう。口臭を気にして歯医者に行ったら歯周病だったというケースもあります。

 

軽いうちなら歯磨きやマッサージで悪化を防げます。歯に弾力性がない人は、歯肉マッサージ用の歯ブラシなどで毎日優しくマッサージしましょう。
歯肉は加齢と共に弾力性が減って歯周ポケットが広がりますが、マッサージを続ける事で引き締まって歯周ポケットを小さく出来ます。

歯に食べカスが詰まっている

 

口内に食べカスがあると腐敗臭が発生します。糸ようじなどで歯と歯の間をこまめに掃除しましょう。

 

歯磨きは朝と夜にする人が多いですが、昼食後もする事で日中の口臭を予防出来ます。

 

時間や場所がない時は、キシリトール配合のガムを噛みましょう。

 

虫歯予防の効果がある上、ガムを噛む事で唾液が出て口内の乾燥を防げます。

扁桃腺に膿栓がある

 

いわゆる臭い玉です。

扁桃腺の表面の腺窩という小さな穴に死んだ細胞、新陳代謝ではがれた粘膜上皮の細胞、食べカスが溜まり、白い塊が出来ます。

 

この塊が咳をした時などに口から飛び出て、潰すと強烈な臭いを発します。これが臭い玉の正体で、正式名称は膿栓です。
体質によって出来る人と出来ない人が居ます。

 

口臭の原因になるので、口臭が気になったり、膿栓が溜まる事で喉咽頭の違和感が続く場合、治療の対象になります。
ただ、病院に行っても自然に出て来るのを待つ様に言われ、治療してもらえなかったという人も居る様です。

 

綿棒などを使って自分で取っている人も居ますが、無理な取り方はしない様に気をつけて下さい。
扁桃腺を傷つけると、細菌感染による高熱が出る事があります。

 

どうしても取りたい場合、1番簡単な方法はうがいです。「アーハー」と言いながら喉の奥までしっかりうがいすると、自然に取れる事があります。

 

 

病気や体調不良による免疫力低下

慢性的な病気でない限り、これらが原因で発生する口臭は一時的なものです。

 

歯磨き、マウスウォッシュ液、ブレスケア用品などを使って解消しましょう。

 

ガムを?んだり、アメを舐めたりして唾液の分泌を促すのも効果的です。

 

風邪

 

細菌やウイルスが気道に感染する事で罹ります。
体が弱ると口内の免疫力も低下し、臭いを抑える力が弱くなって口臭が発生します。また、唾液の分泌量も低下して臭いがキツくなります。

 

抗ヒスタミンが入った風邪薬を飲むと、副作用で唾液の分泌量が減ります。

 

高熱や鼻づまりで口呼吸が増えると、口内が乾燥して口臭が強くなります。風邪を治すのが1番ですが、その為には水分や栄養を補給して安静にする事です。

 

りんごや梨は栄養がある上、口内の渇きを抑えて殺菌力を高めてくれます。抗菌性のあるうがい薬で口内を清潔にする事も大切です。

胃炎や胃潰瘍

 


胃の病気に罹ると舌苔が増え、口臭の原因になります。

 

 

糖尿病

 


りんごが腐った様な甘酸っぱい臭いは糖尿病患者に見られる特徴的な口臭で、アセトン臭と言います。

 

糖尿病になると血糖を取り込んでエネルギーに変えるインスリンが不足して、糖を分解してエネルギーが作れなくなり、代わりに脂肪やたんぱく質を分解してエネルギーを作り出します。
脂肪やたんぱく質を分解する時に副産物としてケトン体という物質が作られ、この中にアセトンが含まれています。

 

糖尿病は遺伝による先天的なものと、生活習慣による後天的なものに分けられます。後天的な糖尿病はストレス、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、喫煙などによって発症します。
規則正しい生活、適度な運動、暴飲暴食を避ける、薄味の食事をする事で予防出来ます。

 

アセトン臭は別名ダイエット臭とも呼ばれています。ダイエットなどで無理な食事制限をしていると、体内の糖が不足して同じ臭いがします。
ダイエットは健康を心がけて行いましょう。

 

その他の病気

 

  1. 呼吸器系(気管支拡張症、肺ガン、肺結核、胚腫瘍など)
  2. 肉が腐った様なたんぱく質のえそ臭がします。

     

  3. 消化器系(胃ガン、食道気管支瘻、食道ヘルニアなど)
  4. 肉が腐った様なたんぱく質のえそ臭がします。

     

  5. 耳鼻咽喉系(扁桃炎、咽頭腫瘍、咽頭ガン、副鼻腔炎、副鼻腔ガンなど
  6. 肉が腐った様なたんぱく質のえそ臭がします。

     

  7. 肝機能障害(肝硬変、肝臓ガンなど)
  8. アンモニア臭がします。

     

  9. 腎機能障害(腎不全など)
  10. 魚が腐った様な臭いやアンモニア臭がします。

     

  11. カンジタ感染
  12. 咽頭、気管支、肺がカンジタに感染すると、すえた様な焦げた臭いがします。

     

  13. トリメチルアミン尿症
  14. 魚臭症とも言い、魚が腐った様な臭いがします。
    先天的な要因や、肝機能の低下などの後天的な病気が原因です。

体調の変化

 

女性の場合、月経時や妊娠時はホルモンの作用で口臭が強くなる事があります。