コーヒー 歯

重曹って何?

重曹とはナトリウムの炭酸水素塩です。
消火剤、中和剤、調理、洗浄、脱臭、入浴剤、医薬品、農業など幅広い用途があります。

 

以前はベーキングパウダーとしてお菓子作りの材料などに使われるのがメジャーで、一般にはあまりなじみがありませんでした。

 

 

しかし近年、しつこい汚れを落とせるという評判から主婦のお掃除グッズの定番に仲間入り。
グッと身近な存在になりました。


歯のステインは重曹で落とせるの?

そんな重曹ですが、歯の汚れであるステインは落とせるのでしょうか?

 

重曹はスーパーなどで手頃なお値段で手に入りますし、調理に使える天然素材なので口の中に入れても安心です。

 

実際、重曹の研磨作用や弱アルカリ性の性質に期待して、実験してみたという人も居る様です。

 

歯ブラシに直接重層を付けて磨いたり、磨きやすい様にハッカ油やグリセリンと混ぜてペースト状にする方法です。

 

 

ただ、結論から言うとやめておいた方が無難です。

 

重層にホワイトニング効果は期待出来ません。
歯科医院で行うホワイトニングは過酸化水素という薬剤で歯の内部の着色を漂泊していますが、重曹にはその様な効果はありません。

 

では、何故「重曹で歯が白くなる」という評判が挙がっているのかというと、歯をクリーニングする効果はあるからです。

 

掃除でクレンザー代わりに使用されますが、これと同じ原理です。
歯の表面の着色汚れと結合しているたんぱく質を加水分解し、研磨作用で汚れをこすり落とします。

 

 

汚れが落ちるならいいじゃんとお思いかもしれませんが、それと引き換えに様々なデメリットがあります。


重層歯磨きは危険?

歯が削れる

研磨作用が歯の表面のエナメル質を削ってしまう恐れがあります。
エナメル質が削れると中の象牙質の色が出て来て逆に黄ばみが目立ったり、知覚過敏を引き起こします。

 

 

塩分の過剰摂取

重曹はナトリウム(=塩)なので、多量に使うと塩分の過剰摂取になる危険もあります。
磨く際は口に入れるだけですが、間違えて飲み込んでしまう事もないとは言い切れません。
特に持病などで塩分の摂取を控えなければいけない人は注意が必要です。

 

 

粘膜への強い刺激

重曹には油脂やたんぱく質を分解する加水分解作用があります。
口の中の皮膚や粘膜が刺激を受け、傷つく恐れがあります。

 

 

歯石が付きやすくなる

重曹によって口の中がアルカリ性に傾くと、歯石が付着しやすくなります。

 

まとめ

確かに重曹は汚れ落としの歯磨きとしては有効な成分を持っています。
ですが、一部の口コミにある様な劇的な効果は期待出来ません。

 

少し汚れが落ちる代わりにいくつものデメリットがあるので、使う事はやめた方がいいでしょう。
見た目だけ綺麗になっても、歯や口の中の健康が損なわれては台無しです。