コーヒー 歯

あなたに合った歯ブラシの選び方

 

毎日使っている歯ブラシですが、それはちゃんとあなたに合っていますか?
ドラックストアなどに行けば、たくさん種類がある歯ブラシ。

 

 

 

 

どれが合うのかわからないし、とりあえずこれで・・・と選んでいませんか?
毎日使う歯ブラシだからこそ、しっかりと自分に合ったものを使いましょう!

 

そんな、歯ブラシ選びの参考になれば・・・と思い調べてみました。


ヘッドの選び方

大きさの目安は上前歯二本分です。
プラスαで磨き方によって変わってきます。
自分の磨き方を振り返って、歯ブラシを考えてみてください。

一本ずつ細かく磨け、奥歯までしっかり磨きたい方

小さめのヘッド(コンパクト・超コンパクト)

細かく磨くのが苦手な方

普通サイズのヘッド

 

持ち手の選び方

握り方・力の強さで選びましょう。

手にしっかり力が入る・強く磨きがち

ペングリップ(鉛筆を持つような持ち方)ができる真っすぐで細めのハンドル

手に力が入らない・しっかり握れない(高齢者・子供)

パームグリップ(グーで握る)で握りやすい太めのハンドル

毛先の選び方

 

 

ケアする上で特に力を入れたいポイント別で選びましょう。

歯周病・虫歯(歯と歯茎の間と歯と歯の隙間の歯垢を落としたい)

先細毛・超先細毛

美白(歯の表面の汚れをしっかりと落としたい)

歯面に効率良く歯ブラシを運べる四角断面毛

重度歯周病(歯茎の腫れ・出血が気になる人)

歯茎への当たりが優しい3本毛


1つの歯ブラシで磨くより使い分ける?

基本の歯ブラシでは届かないところや、落としきれない歯垢もあります。そこで使うのが補助的に取り入れる歯ブラシです。

ヘッドが少し小さな歯ブラシ

磨く部分が細いので、普段の歯ブラシでは届きにくい狭いところ・歯並びのデコボコしたところにしっかりと届きます。

 

ワンタフトブラシ

歯と歯の隙間を磨くのに適しています。歯の細かなデコボコにフィットし、歯と歯茎の境目(歯周ポケット)に溜まる汚れも取りやすくなります。

 

 

 

歯間ブラシ

歯と歯茎の部分や、すきっぱなどで歯と歯の間に空間がある部分の側面が出ている部分を磨くのに適しています。ワンタフトブラシでは入らない・デンタルフロスでは細すぎる…といった困った隙間に適したブラシです。
しかし、サイズがあっていないと、歯茎を傷付けすり減る恐れがあるので、サイズ選びが重要となります。ですので、歯医者で相談して購入することをお勧めします。

歯ブラシを新しくするタイミング

歯ブラシは約1カ月で新しくすることをお勧めします。

 

毛先が広がると、歯に毛先が直角に当たらなくなり、しっかりと汚れを落とすことが出来なくなります。

 

また、衛生面的にも1カ月で新しくしたほうがいいです。


まとめ

毎日行う歯ブラシ、出来る事なら効率よくしっかりと磨き上げたいですよね。

 

最近は、白くて綺麗な歯に憧れる方も増えてきていると思います。

 

そんな歯に近づくためにも、あなたに合った歯ブラシを選ぶのは大切ではないでしょうか?